不動産投資信託に任せてみよう|融通が効く

プロが手がける留守宅管理

紳士

遊休資産を活用して収益を

近年、不動産の管理・運用に係る新しいタイプのサービスとして注目を集めているのが、リロケーションです。転勤等によって引越しをする場合、現在の住居が賃貸であれば退去して新しい住まいを探すだけですから、住み替えは特に問題なくスムーズに進められます。しかし、マイホームの場合はそうはいきません。いずれ戻ってくるのであれば保有を続けることになりますが、その場合は新しい住居を確保しつつも、それとは別にローンや固定資産税などを支払い続けなければなりません。こんな場合に利用すると便利なのが、リロケーションサービスです。リロケーションは留守宅の管理業務全般を指す言葉ですが、その中でも核となるのが、マイホームを一時的に賃貸住宅に転用し、その運営を代行するというサービスです。これを利用すれば、マイホームの維持に係る固定費に家賃収入を充てることができるようになります。このようなシステムは、大企業などにおいては以前から借り上げ社宅という形で社内に限定して運用されてきました。これに対し、リロケーションは入居者を広く一般から求めるという特徴を持っています。そのため、借り上げたはいいものの空き家状態が続いて収益が上がらない、というリスクを避けやすいというメリットがあります。また、リロケーション業者はもともと不動産管理のプロフェッショナルです。一般企業の社内で運用するよりも、質の高い管理業務を提供することにかけては定評があります。