不動産投資信託に任せてみよう|融通が効く

安定した家賃収入の確保

積み木

滞納対策には不可欠

不動産投資によって資産を着実に増やしていくためには家賃を確実に徴収し続けなければなりません。しかし、住人が必ずしも毎月家賃を納めてくれるとは限らず、家計が苦しくなって滞納したり、うっかり納入を忘れてしまったりすることはしばしばあります。滞納対策を行うのは収入を安定させるためには欠かせないことであり、賃貸保証会社と契約をすることが解決になるでしょう。賃貸保証会社が通常行ってくれるのは滞納された家賃の立替と、それによって住人に生じた負債の取り立てです。滞納があった場合にはオーナーの手元に家賃が入らないことになりますが、それを賃貸保証会社が立て替えてくれるので滞納があっても収入が減ることはありません。賃貸保証会社が取り立ては行ってくれるので実質的には滞納があっても頭を悩ませる必要がなくなるのがオーナーのメリットです。本当に家賃を納められる経済力がないという状況でも適切な対応を任せることができます。一方、家賃の滞納があったときにオーナーが自ら未納の家賃を取り立てようとすると住人とのトラブルが発生してしまいやすくなります。それが原因で退去してしまう場合もありますが、賃貸保証会社に依頼してあれば取り立てにはオーナーは関わらないのでそのようなトラブルを防ぐことが可能です。うっかりして未納になってしまうケースは珍しくはないので余計なトラブルを発生させないためにも賃貸保証会社と契約しておくのは賢明な考え方と言えます。